Skip to main content

カート

VIP 特典をお楽しみいただけます!

購入できない書籍
お買い物かごをご確認ください。購入不可の商品を削除できます。削除されなかった購入不可の商品は、購入手続き時に削除されます。

おすすめ

Loading...

宗教・スピリチュアル 電子書籍

宗教・スピリチュアル の本がお好きな方におすすめです。
538722件の検索結果中124を表示
サイドバーの絞り込みを使用しない
  • ナショナリズム ──その神話と論理

    橋川文三 ...
    日本ナショナリズムは、なぜ第二次大戦という破局的帰結にいたったのか。それ以外の可能性は本当に存在しなかったのか。──これが、かつて自らも日本浪漫派に熱狂した青年であった橋川文三が生涯抱え込んだ難問であった。この問いに向き合うべく、橋川は明治維新前後の黎明期へと遡行し、その起源に肉薄する。水戸学から松陰へと至る士族の流れと中間層における国学の系譜との相克。その間隙を衝くように行われた明治政府の国民統合政策。「隠岐コミューン」に託したもう一つの可能性……。日本ナショナリズムの形成過程をダイナミックに描き出す、第一級の古典。 ... さらに表示

    990 円

  • 奇跡の法

    大川隆法 ...
    シリーズ 本: 1 - 法シリーズ
    運命を逆転させる秘訣とは?また、繁栄を恐れる日本人のトラウマ、少子化・高齢社会における新たな家庭観、そして、仏神の心に適った成功論など、本書で語られる内容は、人類の未来に奇跡を起こす真実の力に満ち満ちています。個人の救済、国家の新生、人類の再生への願いが込められた一冊です。 ... さらに表示

    1,760 円

  • 世界の歴史〈21〉帝国主義の開幕

    中山治一 ...
    シリーズ 本: 21 - 世界の歴史
    近代国家エゴイズムの相剋と力の論理による世界再編成。世紀末から大戦への暗闘史。 ... さらに表示

    880 円

  • 砂漠と異人たち

    宇野常寛 ...
    シリーズ 本: 1 - 砂漠と異人たち
    情報社会を支配する相互評価のゲームの〈外部〉を求め、「僕」は旅立った。そこで出会う村上春樹、ハンナ・アーレント、コリン・ウィルソン、吉本隆明、そしてアラビアのロレンス――。20世紀を速く、タフに走り抜けた先人の達成と挫折から、21世紀に望まれる主体像を探る「批評」的冒険譚。 ... さらに表示

    2,000 円

  • The Closed Commercial State

    Perpetual Peace and Commercial Society from Rousseau to Fichte

    This book presents an important new account of Johann Gottlieb Fichte's Closed Commercial State, a major early nineteenth-century development of Rousseau and Kant's political thought. Isaac Nakhimovsky shows how Fichte reformulated Rousseau's constitutional politics and radicalized the economic implications of Kant's social contract theory with his defense of the right to work. Nakhimovsky argues ... さらに表示

    5,128 円

  • 絶滅へようこそ

    稲垣諭 ...
    シリーズ 本: 1 - 絶滅へようこそ
    「そろそろ滅びるそこのあなたへ」成田悠輔[イェール大学助教授、半熟仮想株式会社代表取締役]「機械の僕(しもべ)のように、家畜のように暮らしたっていいじゃないか。だってもう、“人間"は終わっているんだから」磯野真穂[人類学者]、推薦!完新世絶滅期(Holocene extinction)、あるいは、第六次の大絶滅期に私たちがなすべきこととは? 全人類に問う「生の哲学」。【すべてが「終わった」状態から考えるとすると、何が見えてくるだろうか】人間の視点を越えた視座、億年単位の宇宙を問題とする(当然すでに人類などというものもいない)、ある種「至高的な空間」から、「絶滅」を考えたとき見えてくるものとは。荒川修作の思想を系譜する気鋭の哲学者が「総合知としての哲学」を武器に、人類の未来を探究する。【目次】手引きのようなもの――視野を途方もなく拡張する1 絶滅へようこそ<br ... ... さらに表示

    1,980 円

  • リュシス 恋がたき

    プラトン ...
    翻訳  田中伸司, 三嶋輝夫 ...
    シリーズ 本: 1 - リュシス 恋がたき
    美少年リュシスとその友人メネクセノスの二人を相手にして「友」とは何か、「友愛」とは何かを論じていく『リュシス』は、後世に幅広い影響を与えた名作として知られる。同じく二人の少年を相手にして「知を愛すること」としての「哲学(ピロソピア)」という主題を追求していく『恋がたき』をも併録した。「愛すること」という根本的な主題で貫かれた二つの対話篇、初の文庫版となる新訳が登場! ... さらに表示

    770 円

  • 仏教小説 王舎城の悲劇:物語で読む浄土真宗

    向谷匡史 ...
    「王舎城の悲劇」は息子が父の王位を奪うという二千五百年まえの事件です。「観無量寿経」や「華厳経」といった著名な仏教経典だけでなく、ジャイナ教の経典にもでてきますから、インドでは大変な事件だったということがうかがえますな。なぜ父を殺してまで王位を奪おうとしたのか、母はそのときどうしたのか、そして王位を奪った息子はその後どうなるのか――。この事件にはお釈迦さんが登場してまいります。お釈迦さんの甥で、お釈迦さんを殺して教団をのっとろうとする悪役僧侶のダイバダッタ(提婆達多)も登場する。人間が普遍的にかかえる欲望と苦悩がこの事件にあることから、今日的テーマでもあります。わたしたちがいまを生き、これからを生きるうえで、かならずや人生の灯明になるのではないかとおもうしだいであります。(本書「第一回講義」より)苦しみの果てに「救われていく道」がある――。古代インドで起こった事件... ... さらに表示

    1,870 円

  • 世界の歴史〈16〉ヨーロッパの栄光

    岩間徹 ...
    シリーズ 本: 16 - 世界の歴史
    ウィーン体制をゆるがす自由独立の動き、混沌と渦巻く19世紀の虚像と実像を描く。 ... さらに表示

    990 円

  • 科学的 潜在意識の書きかえ方

    小森圭太 ...
    シリーズ 本: 1 - 科学的 潜在意識の書きかえ方
    多くの人は自分の外側、つまり環境を変えることで自分の内側である感情を変えようとします。つまり、人、モノ、金を望ましい状態に変えることで、感情的な満足を得ようとするんです。でも、実は逆。あなたの内側、つまり潜在意識を本来のあなたが望んでいる方向に変えると、外側である環境が変わるんです。本書は、潜在意識の書きかえ方、そして潜在意識を書きかえるとなぜ環境が変わるのか、科学的な観点からご説明します。 ... さらに表示

    1,430 円

  • 徐福は本当に日本に来ていた

    山本 肇 ...
    徐福は伝説でも伝承でもない。徐福は弥生時代の日本へ来ていた。今では徐福が「東渡」すなわち日本へ来たことは中国では『史実(歴史上の事実)』だ。ただ、日本では未だに歴史学会ではこれを絶対に『史実』と認めない。その最大の理由は、徐福が『古事記』や『日本書紀』等の学会が最も信ずるべきとする文献にその存在が記されていないことだ。ところが、学会が日本の古代史の最大のテーマとしその存在を『史実』としている『邪馬台国』も『卑弥呼』も実は『記紀』に何らの記述は無い。しかも、徐福については九州から青森まで日本国中に伝説や伝承があり、徐福の遺跡・神社・お墓まである。一方、『邪馬台国』未だに『邪馬台国』の存在については「九州説」や「畿内説」に別れて定まらない。『卑弥呼』も学会がその存在を否定する『神功皇后』を同一人物とみなした記述が『日本書紀』の「神功皇后紀」にあるだけだ。『卑弥呼』の墓と比定される『箸墓古墳』も ... さらに表示

    1,400 円

  • 貸本屋とマンガの棚

    高野慎三 ...
    60数年前、人々は貸本屋から本を借りて読むことが、ささやかな娯楽だった。とくに貸本マンガと呼ばれる作品群は、子どもや若い労働者たちの心をつかんだ。そのなかには若き日の白土三平、つげ義春、さいとう・たかを等の作品があった。戦後社会のあだ花のように咲いた貸本文化の全貌に迫る!『貸本マンガと戦後の風景』を改題・文庫化。 ... さらに表示

    935 円

  • 悟りの挑戦 上巻

    大川隆法 ...
    シリーズ 本: 1 - 悟りの挑戦
    釈尊の悟りの真相を説き明かし、その過程で、仏教学の誤りや仏教系諸教団の間違いをも明らかにします。仏陀自身による仏教解説書です。 ... さらに表示

    1,923 円

  • カントの政治哲学入門

    政治における理念とは何か

    網谷壮介 ...
    自由・正義・共和主義・平和 時代に先駆けたカントの発想をわかりやすく解説現代においても重要な理念である、自由権、正義と国家、共和主義、国際法と平和について、時代に先駆けたカントの発想をわかりやすく解説する清新な入門書。政治における理念の重要さを語り続けたカントの政治哲学の全体像を、『人倫の形而上学・法論』を軸として、最新の研究成果にもとづき描き出すとともに、歴史的文脈に照らしてカントの著作を読み解き、その現代的意義を説く。【目次】第一章 自由の権利:法のもとでの自由とは何か第二章 社会契約論:国家の設立は義務である第三章 共和主義の理念と制度第四章 永遠平和のために:国際法と世界市民法【著者】網谷壮介1987年大阪府生まれ。京都大学経済学部卒、東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程修了。博士(学術)。獨協大学法学部専任講師。<b... ... さらに表示

    1,980 円

  • Der Untergang des Abendlandes

    Oswald Spengler ...
    Der Untergang des Abendlandes - Umrisse einer Morphologie der Weltgeschichte ist das kulturphilosophische Hauptwerk von Oswald Spengler. Spengler vergleicht das europäisch-nordamerikanische Abendland unter kulturmorphologischen Gesichtspunkten mit sieben anderen Hochkulturen, zu denen er etwa die ägyptische, chinesische, indische oder aztekische Kultur in Mexiko zählt. Er entwirft so das Panorama ... さらに表示

    259 円

  • [図解]比べてわかる! 世界を動かす3宗教

    ユダヤ教・キリスト教・イスラム教

    編集 保坂俊司 ...
    近年、企業活動のグローバル化と軌を一にして、日本の衰退が叫ばれている。その背景に日本人の「宗教軽視」があることは意外に自覚されていない。いくら良い製品であっても、それが宗教を含む消費者の文化的ニーズに合わなければ、売れるはずがない。世界の多くの国や地域では、宗教が日常生活はもとより、国家の在り方にまで大きな役割をはたしている事実を知らなければならない。本書はこうした視点から、いま世界を根底から動かしていると言えるユダヤ教、キリスト教、イスラム教について比較解説した。実はこの3宗教は同じルーツを持っている。その後、ユダヤ教は今日の金融経済を牛耳り、キリスト教は近代資本主義を生み出し、イスラム教は独自の金融システムと独裁政治を特徴とする文化圏をつくり出した。いったいこれら3宗教が、なぜ、どのようにして世界の枠組みをつくったのか? グローバル時代の常識として、ぜひ読んでおきたい一冊である。 ... さらに表示

    950 円

  • 永遠の生命の世界

    大川隆法 ...
    シリーズ 本: 1 - 永遠の生命の世界
    死は、永遠の別れではない。それは、あの世への旅立ちであり、本来の世界に還ること──。人は、死後どこへ行くのでしょうか。「死ねば何もかも終わり」なのでしょうか。そして、「脳死」はほんとうに人の死なのでしょうか。脳死移植の問題点から、自殺や先祖供養の真実まで──。死についてのあらゆる疑問の答えが、霊的視点から明らかに。あなたの常識が、根本からくつがえされる一冊です。 ... さらに表示

    1,650 円

  • 20代までに知っておきたい“8つの世渡り術”

    大川紫央 ...
    シリーズ 本: 1 - 20代までに知っておきたい“8つの世渡り術”
    大反響!「パンダ学シリーズ」第2弾受験勉強では学べない!社会人なら身につけておきたい!オトナ社会の“暗黙ルール”「宗教家の妻に」現役東大生が聞きました!飲み会は「◎◎評定」の場知らないと損する「資格・進路のえらび方」若いうちに知っておきたい「目上の人との接し方」成功者は気づいている日本社会の“ウラ常識”。 ... さらに表示

    1,430 円

  • 青春に贈る

    大川隆法 ...
    シリーズ 本: 1 - 青春に贈る
    青春期の心得や知的巨人の要件など、人生における成功の秘訣を端的に示した、青春の書。若者よ、眠ってはいけない! ... さらに表示

    1,602 円

  • 凡事徹底と静寂の時間

    大川隆法 ...
    シリーズ 本: 1 - 凡事徹底と静寂の時間
    努力しつづけることの意味。自分と向かい合うことの意義。どんなに時代が進化しても、「心を磨く方法」は変わらない。目まぐるしい現代社会のなかで、私たちが失ってはいけない大切なこと。智慧を磨き、人格を向上させる“知的エッセンス”が、この一冊に。【「仕事能力」と「直観力」を 一流の境地へと導く極意。】目次まえがき第1章 凡事徹底と静寂の時間第2章 凡事徹底に関するQ&Aあとがき ... さらに表示

    1,650 円

  • 戦国時代と一向一揆

    高校の日本史の教科書では一向一揆は単にその名称が書かれているだけで、その具体的な内実が説明されることはほとんどなく、仮に説明があったとしても、浄土真宗本願寺派の門徒が中心的な役割を果たした一揆だった、という簡略な記述にとどまることが多い。しかし、門徒らの行動の源泉は必ずしも信仰にもとづいたものばかりではなかった。では戦国の時代とほぼ時期が重なる一向一揆とはそもそもどのような闘争で、構成員らを突き動かしていた行動原理とはなんだったのか。本書は一括りでは捉えきれない一向一揆の多様さと面白さを、地域や時代、そして宗主(八代宗主・蓮如~十一代宗主・顕如)の変遷とともに追い、明らかにする。一向一揆入門に最適の書。【一向一揆は、戦国時代の幕開けに活躍した八代宗主蓮如の時代に始まり、戦国末期に織田信長と死闘を繰り広げた十一代宗主顕如の時代に終結する。まさに、戦国時代と一向一揆の時代は ... さらに表示

    1,760 円

  • ソクラテス

    中野幸次 ...
    シリーズ 本: 3 - 人と思想
    「人と思想」は、世界の思想家の生涯とその思想を、当時の社会的背景にふれながら、立体的に解明した思想の入門書です。思想家の生涯を交友関係や、エピソードなどにもふれて、興味深く克明に記述、その主要著書を選択して、概説とその中心となる思想を、わかりやすく紹介してあります。平易な記述と生き生きとした表現を心がけ、新鮮な印象が残るように努めました。一般の方々のハンディな教養書として、また学生・生徒の参考読物として、広く本書をおすすめします。【Century Books】人と思想 3 ソクラテスアテナイの彫刻師と、産婆の息子として生まれたと伝えられるソクラテスの回心をうながしたものは、デルフォイのアポロンの神殿にかかげられていた「なんじ自身を知れ」という格言である。弟子のカイレポンを通してソクラテスにもたらされた、「アテナイでソクラテス以上の賢者はない」とは、このアポロン神の言葉であった ... さらに表示

    850 円

  • 猫が生まれ変わって恩返しするとき(KKロングセラーズ)

    ペットとテレパシーで対話してわかった、目に見えない大切なこと。涙がとまらない……さあ、動物たちからの愛と絆のメッセージをご一緒に受け取りに行きましょう。自分の命を差し出すことも厭わず、飼い主を守ろうとしたり、亡くなったとしても霊界から助けにやってくる、“恩返し”をする動物達。猫を中心に、犬やタヌキのような身近な動物たちの、宝物のような素晴らしい秘話。病気がちな著者が、猫たちに何度も何度も助けられた数々の感動物語をあなたに。 【PHP研究所】 ... さらに表示

    1,200 円

  • 宗教の挑戦

    大川隆法 ...
    シリーズ 本: 1 - 宗教の挑戦
    1990年代、宗教界に何が起こったのか――アドバンスト宗教「幸福の科学」から全日本人へのメッセージ宗教のイメージを変えた先進的な書。この一冊で、宗教の存在意義と地球の未来が見えてくる。あらゆる分野の人々の絶賛を受けた大ベストセラー。○ 宗教は「社会的信用」を確立せよ○ 霊的現象の真相と真偽の見分け方○ 「幸福の科学」は宗教の信用回復運動○ 霊界とは怖いものか?○ 霊界では自分の心に合った世界が展開○ 仏陀とキリストの比較○ 世界宗教の思想的条件 ... さらに表示

    1,388 円