More titles to consider

Shopping Cart

You're getting the VIP treatment!

With the purchase of Kobo VIP Membership, you're getting 10% off and 2x Kobo Super Points on eligible items.

Item(s) unavailable for purchase
Please review your cart. You can remove the unavailable item(s) now or we'll automatically remove it at Checkout.
itemsitem
See your RECOMMENDATIONS

Synopsis

今日的な「民衆」の姿が、いかに誕生したか。本書では、古代から中世までの、日本とヨーロッパの文明の変遷を明らかにしながら、両文明においてほぼ同時期に「個」を認識する「中世・近代民衆」が立ち起こってきたことを明らかにする。
ここでは日本文明の「特殊性」についても言及する。それはヨーロッパにおいて国家は、つねに王権の被支配層として民衆が存在したが、日本においては王権と民衆は「父と子」とでもいうべき特殊で親密な関係性を持っていたからである。

<目次>

第3章 中世・近代民衆の誕生<ヨーロッパ>
1.ヨーロッパにおける「宗教的権威」の誕生
2.「ローマ教皇」の誕生――「権力」と「権威」の分裂
3.世界文明としての「イスラム文明」の勃興
4.「権力」、「権威」とは何か
5.民衆の発見と「カロリング・ルネサンス」
6.スコラ学による「人類」の発見
7. ヨーロッパ社会の激動と、自立をはじめた「民衆」
8.「個」としての精神と身体の獲得――『神曲』『デカメロン』

第4章 中世・近代民衆の誕生<日本>
1.ヤマト王権――「文化」による国家統合
2.「万葉集」と「天皇」の誕生、及び古代日本の自然観
3.「私有」概念の登場と仏教界の堕落
4.民衆を基盤にして誕生した「武家政権」
5.鎌倉仏教の登場と「中世・近代民衆」の誕生

Ratings and Reviews

Overall rating

No ratings yet
(0)
5 Stars 4 Stars 3 Stars 2 Stars 1 Stars
0 0 0 0 0

Be the first to rate and review this book!

You've already shared your review for this item. Thanks!

We are currently reviewing your submission. Thanks!

Complete your review

(0)

You can read this item using any of the following Kobo apps and devices:

  • DESKTOP
  • eREADERS
  • IOS
  • ANDROID
  • TABLETS
  • WINDOWS